努力すれば高く売ることが可能

押し入れから出したばかりの状態

これまでずっと、押し入れの中で眠っていた家具があると思います。
保使わないなら保管していても、無駄にスペースを取られるだけです。
思い切って、リサイクルショップに売ってください。
売る前に、ホコリを取ることを忘れてはいけません。
見た目が綺麗かどうかは、金額をつける時の重要な条件になります。

きちんと拭けば査定金額が高くなったのに、手間を惜しんで汚い状態で査定に出したことが原因で、安い価格になったらもったいないですよね。
中には、水に弱い材質の家具も見られます。
その場合は、乾いた雑巾で拭く程度で構いません。
それだけでもホコリが取れて、綺麗に見えます。
できるだけ高く売れるよう、自分でできる努力を怠らないでください。

壊れている部分を直す

ネジが外れていたり、塗装が剥げているぐらいだったら自分で修理できるかもしれません。
そこも直してから売ると、査定金額が高まります。
ただ自分で塗装の剥げているところを修理する場合は、修理したと気づかれないぐらいのクオリティーが必要です。
自分で修理したと気づかれると、査定金額が下がります。

同じような色のペンキを塗ると、綺麗に見えるでしょう。
無理に修理する必要はありませんが、自分でできると思ったら、挑戦してください。
使わない家具を売って、新しい家具を買うこともできます。
欲しいと思っていた家具を、購入するチャンスです。
安く買い取られると、欲しいものを何も買えなくなります。
高く売れるよう、家具の状態をチェックしましょう。


この記事をシェアする